引用:公式サイト

\ゼロ 一攫千金ゲームが期間限定で見放題!/

Huluを無料体験する

加藤シゲアキさん主演の2018年7月期のドラマ【ゼロ 一攫千金ゲーム】の第6話が8月19日に放送されます。

【ゼロ 一攫千金ゲーム】の基本情報はこちら

【ゼロ 一攫千金ゲーム】の第6話のあらすじと5話の視聴率や感想を見ていきます。

それでは【ゼロ 一攫千金ゲーム】の第6話を見ていきましょう。

【スポンサーサイト】

日テレ系のドラマの見逃し配信動画が【Hulu】で絶賛配信中!

↓↓↓Huluを確認する↓↓↓
hulu

⇛ Huluの料金の支払い方法

⇛ Huluのメリットとデメリット

スポンサーリンク

 

【ゼロ 一攫千金ゲーム】6話の予告編

【ゼロ 一攫千金ゲーム】6話のあらすじ

ようやくリング一つを手にしたゼロ(加藤シゲアキ)は、標(佐藤龍我)から2人で在全(梅沢富美男)を倒そうと誘われる。

しかし守るべき仲間がいるゼロにとって、それは受けられない提案だった。

「ようこそ『ザ・アンカー』へ!」台の上に寝かされたゼロ達の前にMCの小太郎(手越祐也)が現れた。

これは鉄の塊、アンカー(錨)の鋭い刃が顔の真上で振り子のように行き来する過酷なゲーム。

アルファベットのパネルから問題を選び、3人の挑戦者が順に解答、不正解が続けばアンカーが徐々に下がり…、

「アンカーが頭に直撃!どっか~ん!」

そのゲームの進行役に峰子(小池栄子)が送り込んだのが友情や人の絆を憎悪するサディストの小太郎。

振り子の位置を決める問題にヒロシ(岡山天音)が間違える。

「ざんねーん!アンカーDOWNポイント執行!」

ギギギ…

鋭い刃が下がってきてゼロ達の頭上すれすれをかすめる。

「友情なんか簡単に壊れるところを見せてあげるよ。ひゃははは!」

小太郎が喜ぶ中、ゼロはパネルに隠されたとある法則に気づくが…。

引用:公式サイト

Huluを無料体験する

【ゼロ 一攫千金ゲーム】5話の視聴率

  • 第1話・・・7.1%
  • 第2話・・・6.7%
  • 第3話・・・6.3%
  • 第4話・・・6.1%
  • 第5話・・・7.9%
スポンサーリンク

【ゼロ 一攫千金ゲーム】5話の感想

【ゼロ 一攫千金ゲーム】の感想を見てみます。

Huluの入会申込み
月額933円(税抜)

50,000本以上の作品が見放題の動画配信サービス!海外ドラマの新作はいち早く配信され、日テレの放送中のドラマも視聴可能!今なら2週間の無料トライアル実施中!!

 

Huluを無料体験する

スポンサーリンク